ファミリーに人気の不動産があります|目的に合った住宅

家

早く現金化したいときに

積み木の家

不動産を売却するときの方法として、不動産仲介と不動産買取があります。不動産仲介とは、仲介業者に売却を仲介してもらい、仲介業者が購入希望者を募って販売する方法です。購入者は一般の人であり、不動産仲介業者ではありません。不動産買取とは、不動産仲介業者が直接不動産を買い取る方法のことです。一般的には不動産仲介が主流ですが、早く現金化したいときには不動産買取の方が向いています。福岡では、近年中古不動産の動きが活発化しており、不動産仲介でも比較的早く売却できるようになっています。しかし、福岡の中でも地方の不動産になると、なかなか購入希望者がでてこないことも珍しくありません。時間がたつとともに不動産の価値は下がっていく傾向にあり、あまりに長期化しそうな場合は福岡であっても不動産買取の方が利益を得られることが多いです。福岡のどういったエリアにある不動産かも考えて方法を選ぶとよいでしょう。不動産買取のメリットは、仲介手数料が不要なこと、現金化までのスピードが早いことです。直接不動産仲介業者が買い取るため、非常にスピーディーです。仲介するわけではないので手数料もかかりません。デメリットとしては金額が安くなりがちなことです。転売するときの費用などを差し引いて金額を設定することが多いため、仲介したときよりも金額は安くなる傾向にあります。ただ、仲介でもかなり安くなることもあるので、必ずしもデメリットとはいえません。ケースバイケースといえます。